疲れを癒す!京都府内のオススメ銭湯

寒い季節に恋しくなる銭湯。「京都」と聞いてすぐに「銭湯」を思い浮かべる方は少ないかもしれません。でも実は京都には、昔ながらの銭湯や工夫を凝らした温泉施設がたくさんあるんです。歩き疲れた観光客の方や、最近銭湯に行ってないなぁという地元の方に、ふらりと寄れる京都の銭湯をご紹介します。

2017年01月15日 更新

底冷えする京都の冬。寒い寒い冬を乗り切るために欠かせないのが、銭湯ですよね。
熱いお湯にゆったり浸かって、家族で背中を流しあったりして。お風呂上がりのコーヒー牛乳を一気飲みしたりして。子供の頃の記憶が蘇り、ほんの少し優しい気持ちになれる気がしますよね。まさに至極の時間です。

京都の銭湯はなかなかに奥が深く、インコのいる銭湯や文化財に登録されている銭湯、寄席を開催している銭湯などがあるんです。定番の寺社仏閣を巡るだけでなく、京都の銭湯をめぐる旅も、これまた楽しいかもしれません。この冬、温まりに行きませんか?

京都タワー大浴場 YUU

京都のシンボルタワーである「京都タワー」。その地下3階に銭湯があるということは意外と知られていません。
男湯、女湯それぞれに大きな浴槽が一つあるだけのシンプルな作りなのですが、シャンプー・リンス・ボディーソープ・ドライヤーが無料設置されているので、観光客にとっては使いやすいでしょう。

また、朝の7時から営業しているので、夜行バスで京都に早朝到着した観光客の方にとっては有難い、休憩スポットとなっています。

出典: keihanhotels-resorts.co.jp

店名 : 京都タワー大浴場 YUU
電話番号 : 075-361-3215
住所 : 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
ホームページURL : https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/floorguide/spa.html

湯の宿 松栄 誠の湯 (下京区)

湯の宿「松栄」の温泉施設を一般に開放して営業している「誠の湯」。
名前の通り、新選組隊士ら幕末の志士が足を運んだ花街・島原にあるので、観光のついでに立ち寄ってみては如何でしょう。

中でも、露天風呂は特徴的で、富士山の溶岩をタイル状に加工して作り上げた浴槽なんです。
遠赤外線を放射するため、体を内側から温めてくれますし、中性脂肪の分解を助ける働きでダイエット効果もあるとされています。

出典: yunoyadosyouei.jp

店名 : 誠の湯 (湯の宿「松栄」内)
電話番号 : 075-351-4084
住所 : 京都市下京区西新屋敷上之町128
ホームページURL : http://www.yunoyadosyouei.jp

錦湯 (中京区)

ジェット風呂、電気風呂などお風呂の種類がたくさんある錦湯は、京の台所として知られる錦市場のそばにあります。
脱衣所に昔ながらの柳行李が並んでいたり、タイルの模様がレトロな風情を放っていたりするのも人気の理由なのですが…この銭湯、何が面白いって、定期的に音楽ライブや古本市、寄席などのイベントが行なわれていることなんです。
集って、楽しめて、人がつながれる素敵な銭湯。何回行っても飽きなさそうですね。

出典: kyo1010.com

店名 : 錦湯
電話番号 : 075-221-6479
住所 : 京都市中京区堺町通錦小路下ル八百屋町535
ホームページURL : http://www.kyo1010.com/nishiki-yu/

桜湯 (上京区)

大正時代の創業で、佇まいから歴史を感じる銭湯です。
入り口の下駄箱も脱衣所のロッカーも木製で年季が入っていて。番頭さんには「おいでやす」と声をかけられて。これだけでも、京都に来たなぁと感じるでしょう。

浴室内に水槽が設置されているので、ゆらゆら泳ぐ金魚を見ながら、リッチな気分で入浴できます。
もちろん、深風呂、浅風呂、水風呂などお湯の種類も豊富なので、ゆったりできます。

出典: kyo1010.com

店名 : 桜湯
電話番号 : 075-231-0491
住所 : 京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町454
ホームページURL : http://www.kyo1010.com/sakura-yu/

京都桂温泉 仁左衛門の湯 (西京区)

つるつるとした泉質で美肌効果が期待出来る単純温泉と、さっぱりとした炭酸水素塩泉の2種類の源泉かけ流しが楽しめる、贅沢な天然温泉です。
神経痛から筋肉痛、疲労回復等の効能があるそう。

また、デトックス効果があるという岩盤浴も完備。中国で昔から「薬の石」呼ばれ健康の為に活用されてきた麦飯石と、マイナスイオンや多種類の波動を放射するブラックシリカなどの石を使っており、男女一緒に楽しめますよ。

出典: nizaemon.com

店名 : 京都桂温泉 仁左衛門の湯
電話番号 : 075-393-4500
住所 : 京都市西京区樫原盆山5
ホームページURL : http://www.nizaemon.com

船岡温泉 (北区)

金閣寺にもほど近い船岡山の麓にあり、2003年に脱衣所と浴室部分が国の登録有形文化財に登録されている温泉です。
なんと1933年に日本で初めて電気風呂を導入した温泉なんだそうです。

ケヤキの格天井に配された天狗と牛若丸の彫刻や、欄干の透し彫りなどがある脱衣所は趣たっぷり。
脱衣所と浴室の間の渡り廊下も、カラフルなマジョリカタイルで乙女心をぐっとつかみます。文化財のお風呂を大人430円で楽しめるのも、魅力的ですね。

出典: funaokaonsen.net

店名 : 船岡温泉
電話番号 : 075-441-3735
住所 : 京都市北区紫野南舟岡町82-1
ホームページURL : http://funaokaonsen.net

松葉湯 (上京区)

松葉湯は、浴場内にたくさんのインコが飼われている珍しい銭湯です。
コザクラインコ、オカメインコ、セキセイインコなどがいるそうで、鳥好きにはたまらない空間となっています。
鳥小屋と浴場は区切られており、綺麗に掃除もされているので、衛生面の心配は要りません。

もちろんお風呂も充実していて、電気風呂や露天風呂などがありますよ。

出典: kyo1010.com

店名 : 松葉湯
電話番号 : 075-841-4696
住所 : 京都市上京区下立売通御前通東入西東町356
ホームページURL : http://www.kyo1010.com/matsuba-yu/feature.html

伏見 力の湯

力の湯の自慢はなんといってもお風呂の種類の多さです。
能勢アートレイク温泉よりタンクローリーで運んでくる天然温泉露天風呂など11種類(男湯は9種類)のお風呂が楽しめるのです。

足裏マッサージや垢すりなどの癒しのメニューが充実しているほか、ビュッフェスタイルのレストランなど食事のサービスもこだわっているので、一日中のんびりできそうです。

出典: chikara-u.com

店名 : 伏見 力の湯
電話番号 : 075-645-4126
住所 : 京都市伏見区竹田青池町130
ホームページURL : http://www.chikara-u.com

いかがでしたでしょうか。どれも個性溢れる銭湯や温泉施設ばかりでしたね。
長い歴史を持っている銭湯も、イベントを開催したり、施設を改良したりしていろいろと創意工夫をしているのがよく分かります。これからの京都の銭湯事情がますます見逃せませんね。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

LINEで送る はてブ

関連トピック

この記事に関するキーワード